引用とコスト 「これがポストモダンだ!(2)」へのあれこれ

先日、togetterにこんな話題がまとめられてました。

これがポストモダンだ!(2)

ちょっと煽りっぽいタイトルがついてますが、分析哲学 vs. ポストモダンという大きな(そして月並みな)話ではなく、なにかを論じるときに哲学者の名前をどう使うか、といった哲学の話をするときの方法の問題として読むのがいいんじゃないかと思っています。

まとめで応酬を繰り広げてるのは江口聡さんと植村恒一郎さんです。江口さんは生命倫理やセックスの哲学で有名な先生で、倫理学や大学教育についてブログを通して活発に発信されています。植村さんは近現代哲学の専門家で、特にカントや時間論の研究で広く知られています。ジェンダー論についての論文もありますね。

やり取りの主要な対立軸がわかるのはこのあたりのツイートでしょうかね。

江口さんも、「○○:(哲学者名)」哲学の研究には意味がない、というような話はしていない。そうじゃなくて、テーマベースで哲学の議論をするときに哲学者の名前を出すのはあくまでもクレジットにすぎない、というような話をしています。動物倫理の話をするときにピーター・シンガーの議論というのはよく参照されるけども、その多くは別にシンガー研究をしているわけではない。あくまでも「議論をセッティングしたひと」として学問上の作法として名前が出され、読者が「本当にシンガーはそんな話をしてるのかな」と確認したいときのために参照指示がなされているのだ、という趣旨だろうと思います。

それに対して植村さんは哲学研究の主要な仕事は、ある哲学者の議論を踏まえたうえで、その議論が別の文脈や状況設定でもそのまま通用するかを確かめてみることにある、というようなことを言っているように見える。「異なる意味を立ち上がらせる」というのはちょっと難しいのですが、これまで誰も理解してこなかった(ことによると原テキストを書いた本人すらわかってなかった)議論のポテンシャルが分かるかもしれない、というようなことでしょうか。

問題はここからで、私には植村さんのやりかたはリスクがあるように思うし、そのリスクにどれくらい自覚的なのかちょっとわからない、という印象を受けてます。

純粋に哲学的な議論でも応用倫理的・実践的な問題でも、過去の哲学者の議論に関連するものがあったらそれを引いてくることには別に全然問題はない。それに異議を唱えているプロの哲学者というのはほとんどいないと思います。死刑の話をするのにベンサムやミルをもってきたり、民主主義にいかなる権威があるかを議論するのにそれは実はプラトンの『エウテュプロン』と同型の問題である、とかを指摘するのは一般に有益でしょう(プラトンがやったのと同じ返し方が有効だ、ということがわかるわけですから)。

ただし、こうした過去の哲学者の議論の引用や参照が歓迎されるのは、あくまで議論そのものを展開するにあたってそうすることが必要だと認められたときだけです。よく「自分の意見が主、引用は従」と言われたりしますが、これは単に量的なものだけでなく「引用する際にはその引用をする必然性を示せ」みたいな意味が入っていると思います。

論文をできるだけ読みやすいものにするのは著者の義務です。自分では議論の根幹に関わるものだと思っていても、ほかの人がそう読んでくれる保証はまったくありません。だから多くの場合、引用した後にはその引用がどういう内容なのかを敷衍したり全体の議論との関係を説明するパートが続きます。このとき「従」であるはずの引用があまりに難解だと論文全体の読みやすさは著しく下がります。引用それ自体に読者がひっかかりを覚えてしまうだけでなく、その内容を説明するパートが丁寧であれば丁寧であるほどトピックベースの議論からはなれて文献解釈の要素が濃くなってしまうからです。議論がどこに向かっているのかわからないものを読むのは一般にかなり苦痛です。せめて文献解釈の論文なのかトピックベースの論文かくらいははっきりさせてほしい。それは無茶な要求ではないでしょう。

先のtogetterのやり取りで私があまり植村さんの意見にのれないのは「その話題、そのテーマにその哲学者の引用を出すときのコストとリターンの収支があってるか」という視点があんまりないように感じるからです。自分が知っている哲学者の引用をあるテーマにぶつけるのが楽しい、という感覚は私はちょっとわかります。でもそれは我慢のしどころというやつで、可読性や構成の単純さを犠牲にしてまでやる意味があるかどうかは考えものです。哲学がノーマルサイエンスかどうかみたいな話はここではしませんが、知見の共有が大事だくらいは認めてくれるでしょう。もちろん、そういうコスト感覚をもったうえで、その範囲内で色々試してみたいというなら支持できるのですが、どうもそういう書き方になっていないように私には見える。クリエイティヴなことをやっているんだから読みにくくなっても仕方ない、と言っているように見えたということです。

ここで「援用せざるをえませんでした」と書いていることから植村さん自身は引用の必然性について意識されてることはうかがえます。でも世の中にはそういう意識があまりない人が書いた論文も数多くあるように思えるし、誰もが植村さんのような名人ではないので、この辺についてもう少しはっきり言ってほしかったなあ、というのがtogetterを読んでの感想でした。

結論としては「テーマベースの議論をするときに過去の哲学者を引っ張ってくるときにはコスパを考えましょう」ということです。それだけの話です。

 

長いあとがき

この話に関連してちょっと気になっているのが川瀬和也さんの以下のtweetです。

川瀬さんはヘーゲルの文献研究と分析哲学のどっちにも業績があって、個人的に大変尊敬している研究者の一人です。ヘーゲルはいま分析哲学でも見直しが始まっていて、その流れのなかでこういう悩みが出てくるのはわかるような気がします。

僕自身は「アリストテレスやカントはいいけどヘーゲルはちょっと…」みたいな感覚はなくて、なんでも有効に使えてればオッケー、という感じなんですが、あえて言うなら研究蓄積に多少差があるかなとは思います。ここでいう研究蓄積というのは論文の絶対数というより、ヘーゲル研究者じゃない哲学関係者が読んでわかる本や論文の数がアリストテレスやカントに比べてちょっと少なくて「このへんについては誰それの解釈を参照してください」で済まないことが多すぎる、ということです。

こういうときにどうすればいいかと言うと、自分たちで良い解釈論文の数を増やしていってその解釈を常識にしていくしかないのかな思ってます。川瀬さんは実際にそういったことをやっていて、それは本当に偉いことなので尊敬している、というわけです。

私はといえば、一応リクール研究者の端くれなのでそういう論文を書きたいと思ってます。頑張ります。(『リクール読本』では「リクールを使って現代の議論に参加するのはコストが高いかもしれない」と書いたけど、もちろん状況次第で変わるとも思ってますよ)。

卒論レシピを作ろう

昔やってたゼミでは四年生の八月中に「卒論レシピ」というのを作ってもらってました。みんな就活で忙しくてごりごり卒論を書き始めたりできないのはわかるけど、このくらいの進捗報告はしてね、ってやつです。

このレシピづくりみたいのは僕自身も論文書く前に自分向けにやってるんですよね。こういう簡単な設計図をつくらないと僕は何も書けないので。

(askで卒論関係の質問多いので公開することにしました)

卒論の「レシピ」を作る

1 卒論の形式

• 字数:18000字~32000字(目次と文献表は字数に含めない) A4 横書き

• 一次提出:2016年1月12日 最終提出:2月1日。いずれも .pdf形式 でメールに添付して送ること。期日より早く書き終えることができたなら、いつ送ってもらっても構 わない。

• 脚注は文末脚注ではなくページごとにつけること。

• フォントは明朝体(欧文はTimes New Roman系)を用いること。フォントサイズは11pt。

• それ以外の形式は特に指定しない。論文を書く際の一般的なマナー、テクニックについては山内志朗 『ぎりぎり合格への論文マニュアル』や戸田山和久『新版 論文の教室』を参照することを強く勧める。

2 卒論のレシピ

• 四年生は卒論レシピを8月11日までにメールで提出する。形式は卒論に準ずる。

• 卒論レシピは「予定題目」「概要」「参考文献リスト」「引用」の四つから構成される。

• 題目はできるだけ具体的につける。おすすめなのは「(本題):(副題)」という形式。本題で扱う対象 そのものを指定し、副題には問題にアプローチする方法を書く。

• 例:○「行為の生における幸福の可能性――ストア哲学からの接近」○「良き人生について:ローマ の哲人に学ぶ生き方の知恵」 ×「現代人の幸福感について」

• 概要は 600~800 字で書く。どのような研究テーマをどのような方法で論じるのか。どんなところが 卒論のウリなのか。予想されるインパクトはなにか。ここが上手に書けないのであればもう一度テー マを絞り込む必要がある。

• 参考文献リストは現段階では3~5冊程度あればよい。学術論文もciniiなどで検索してストックして おくこと。一般に、絞り込まれたテーマであればあるほど論文の方が分かりやすく書いてあるはず。 論文の場合はテーマにもよるが、現代社会的な問題を扱うのであればできるだけ新しいもの(2000年 以前・以後がひとつの目安)がよい。

• 「引用」は参考文献のなかから「この部分は自分の関心に直接関わりがある」と思った箇所を一段落 分抜き出す。批判的に言及したい箇所や直接引用するつもりはないが、重大なイメージソースになっ ている箇所でもいい。かならず段落ごと抜き出すこと。タイトルとページ数も必ずつける。

• だいたい八つくらい引用を作ることができていればよい。

• この「卒論レシピ」をもとに長門は夏休みに勉強するのでわかりやすく書いて欲しい。

• 「卒論レシピ」は料理のレシピと同じ。どんな材料をどう調理してどういう料理を作るのかを自分と 他人に対して宣言する。

3 卒論のコツ

• 経験上、卒論を書くのに苦労する人は、(料理でいえば)どんな調理器具が家にあり、冷蔵庫のなか に何があるか、スーパーでなにが売ってるか……などなにも確認しないまま「和風っぽい魚料理を作 ろう」としてキッチンの周りをうろうろしているようなもの。

• 作ってる途中で材料が足りないことに気づいてスーパーと自宅を往復しているうちにどんどん当初の 予定と違うものができていく。そしてほとんどの場合、そういう料理はもとのイメージよりも妥協し たものになる。

• とにかく一度、ざっくりでもいいから大まかに書いてみて、論証が足りないところは後で埋めてみる、 という書き方がよい。友人や教師に見せるにしても部分的なものより一応全体の仮組ができているも のの方がコメントを貰いやすい。

• これがおそらく人生を通じて最も長い文章の作成になる、というひともいるはず。20000字程度の文章を正味半年で書くのは大学教員でもすごく大変。私は一年に2本は頑張るようにしているけど無理な年もあった。

• 図書館に過去のゼミの先輩が書いたものがあるので読んでない人は一度目を通しておくとよい。

• 書いたものは全部バックアップを取る。wordのファイルは章ごとに別のファイルで作り、完成前にひとつにまとめるとよい。

• 学生は大学教員から指導を受ける権利がある。というか、そのために私は雇用されているのでなんで もいつでも質問してよい。ただし、その際には漠然とした質問だけでなく、必ずなにか資料やメモを もってくること。

学会に行ってみる

大学入ってから興味をもって勉強をはじめたことでも、○○概論みたいな授業を取り終えて、教科書も一通り読んだりすると「本格的にこの学問に入門したぞ」という実感がわいてくるものです。そういうときにどうするかというと、まあまずはちゃんとした学術論文を読んでみる、というのが王道でしょう。さしあたりは日本語で読めるやつを読む、というのでいいと思います。

論文を早いうちから読んでおくメリットは沢山あって、単に最新の研究状況やトレンドがわかるだけでなく、ちゃんとした論文を読むことで論文っぽい文体を身につけることができるし、どのくらいの字数でどのくらいのことを論じることができるかの雰囲気もわかる。これは大事なことです。現在、ありがたいことにかなりの数の論文がciniiなんかを使えば無料で読めるわけです。例えば日本哲学会の機関誌『哲学』は第一号から全部電子化されてますし、各大学の研究室紀要や院生論文集も最近のものならだいたいは閲覧できます。

そんな感じでジャーナルを読んだりするのはすごくいいわけなんですが、そういう段階になると学会を覗いてみるのもいいと思います。学会の雰囲気というのは分野によってまちまちだと思うのですが、哲学系の学会は院生やODなど若手と呼ばれる人が発表者の大部を占めていて、偉い人は司会や聴衆として参加する、という感じです。発表者が目前にいるライブ感というのは結構馬鹿にならなくて、家でひとりで黙読してるよりもずっと集中できるし、あんまり知らない分野でも「ちょっと耳学問しようかな」という気にもなる。哲学者というのがどんな生き物なのかわかるのも面白いかもしれない。

そんなこんなで真面目に勉強したい人にとって学会に行くのはおすすめなんですが、どんなとこかわからんので怖い、みたいに思う人もいるかと思うので基本的なことを書いておきます。

受付

哲学系の学会はだいたいどこかの大学の校舎を使ってやっているのですが、ほとんどの場合「○○学会はこちら」みたいな看板や貼り紙がしてあるので初めていく大学でも安心です。指示に従って歩いていくと、受付にたどり着くのでそこで参加費を払って名前を書きます。受付が色々なブースに分かれていることもありますが「非会員です」と言えば適切なところに誘導してくれるでしょう。ちょっと困るのが「懇親会は参加しますか?」という質問ですが、これはあとで書きます。

部屋を選ぶ

受付をしたら後は原則自由です。事前に学会のwebページでタイムテーブルをみて、行きたい部屋を選んでおきましょう。大きめの学会だと午前・午後あわせて五つくらい個人研究発表があります。発表者の名前をあらかじめググったりしとくのが良いかもしれないです。部屋に入ったらだいたい後ろの方に発表資料・ハンドアウトがあるのでそれを回収して着席するのが基本です。

発表を聞く&質問する

現在のところ哲学系の発表では原稿を読み上げる形式が主流です(パワポもなくはないです)。時間はだいたい30分くらいでしょうか。質疑の時間は15分程度だと思います。

さて、質問したいことが出てきちゃった場合ですがこれは慣れるまでなかなか難しいものです。質疑時間は限られているのでとにかく手短にしなければいけません。長々と自説を開陳したり、何が聞きたいのかよくわからないものは嫌われます。複数個の質問を一気にぶつけるのもやめた方が良いでしょう。とにかく発表者が答えやすい形式に(頭の中なり、メモなりで)整えてから質問すべきです。「確認なんですが、このページのこの段落に書かれているのはAということですか、それともBということですか」とか「6ページのこの箇所と次のページのこの箇所の関係がわかりません」とか、とにかく具体的な箇所を指しながら質問するのが親切です。周りの人がどんな質問をしてるかもよく聞いておきましょう。ポイントがある質問と微妙な質問の違いも徐々にわかってくるはずです。

懇親会

ぼっち参加で学部生だと懇親会は微妙ですね。安くないし。でもどうしても話したいひとがいる場合は参加してもいいかもしれない。発表を聞いたひとが相手なら「××大学の○○と申します。先ほど発表を聞かせて頂きました。私はこれこれこういうテーマに関心があるので、△△さんの発表のこういうところが気になりました」みたいな感じで話かけるのが普通なのかな。発表者は自分の発表についてのコメントに飢えてるので無下にはされないはずです。twitterとかやってて相互フォローのひとがいる場合は事前に「あとで挨拶させてください」とか言っておくと非常に楽でしょう。

服装とか

哲学系に限っていえば結構カジュアルです。単なる聴衆としていく場合、スーツの方が目立つ可能性があります。コンビニバイトの面接に行くくらいの感じが目安でしょう。名刺とかもいらないんじゃないでしょうか。

まあこんなかんじでしょうか。最近は参加費や懇親会費など学生に有利な設定にして広く参加者を募っているところも多いので臆せず参加してみてください。最後に、めちゃくちゃ敷居が低く、かつ規模もそれなりに多い学会(的なもの)として哲学若手研究者フォーラムというのがあるので興味のある方はぜひどうぞ(2017年度は7月15、16日に代々木オリンピックセンターで開催です)。

哲学・倫理学の輪郭を(ざっくり)つかむための読書ガイド

哲学書のブックガイドは色々あって、どれも面白いのですが1)三田哲学会のとかオンラインで読めますね。執筆者がすごい。後は人文書院のブックガイドシリーズもあります。、ちょっと古かったり癖が強かったりして「本当にマジの初学者がこれをいきなり読んで大丈夫なのか/適切なのか…」とか不安になってしまうのが多いんじゃないかと思っています。
そりゃいきなりカントとかアレントとかマッキンタイアとかを読めるひともいるかもしれないけど、新書や教科書を読んだりしながら「どういうトピックがあるのか」とか「なんでそのトピックを面白がっている研究者がいるのか」とか「そのトピックを知る上で重要な文献は何だと現在思われているのか」とかそういうの知っていくのが正攻法なんじゃないかと。入門書大好き主義。
非常勤やってみて、やっぱりそういうブックガイド要るよなー、と思って自分で作ってみました。大学1〜2年生向き。

哲学倫理学の輪郭をざっくりつかむブックガイド2018

昔twitterで公開して割に同業者から反応よかったのでちょっと自信ある、かもしれない。
2018年1月に大幅に変えました

(2018年4月に大幅に変えました)

「これそんなよくない」とか「これ入れたら」「他にもこんなにいいガイドあるよ」みたいなコメント大歓迎です。

References   [ + ]

1. 三田哲学会のとかオンラインで読めますね。執筆者がすごい。後は人文書院のブックガイドシリーズもあります。