哲学と倫理学の研究者として主に以下の三つの分野に的を絞って研究を進めています。img_0643

  1. 「人生の意味 Meaning of Life」や幸福、無意味さというテーマに関する合理性や時間、自律、ナラティブといった観点からのアプローチ
  2. 反省や計画、評価的態度と人間の実践
  3. 哲学史的な関心として、いわゆる実存主義者と呼ばれていた一群の哲学者たちの議論(特にキェルケゴール、サルトル、リクール)の再構成

応用領域では歴史認識論、戦争倫理学、セックスの倫理学に関心があります。
メタ倫理や功利主義の基礎づけなども好物です。

東京近郊の大学や専門学校で哲学と倫理学関係の授業を担当しています。
「人生の意味」に関する研究で博論執筆中。

連絡先
nagatoyusuke.ethics[at]gmail.com